Category *
Yuna (16)
Archive *
Yuna's Goods *
キム・ヨナ [DVD]




 border=









 border=









Yuna's Link *
Program *
* 世界選手権(2011) +- SP
+- FP * オリンピック(2010) +- SP
+- FP
* スケート・アメリカ(2009) +- SP
* ボンパール杯(2009) +- FP
* 2009 死の舞踏 +-- SP * 2009 シェヘラザード +- FP
Favourite *
+- Just Do it! -+
+- Who is Yuna Kim? -+
+- 2009 TEB INTERVIEW -+
+- Olympic Celemony -+
Thank you *
*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムヨナ ☆ SAMSUNG 新CM



普通っぽいゆなちゃんの新CM。

体重計、乗る所が面白いっていうか、可愛いっていうか どうしても乗った後、一旦目を宙に彷徨わせませんか?(笑)

キムヨナ ☆ かっこいいぞっ!



かっこよすぎる動画を見つけました。シルエット姿も素敵 です、ゆなちゃん。

キムヨナ ☆ Focused on Excellence

11/21に放映された Focused on Excellence を探したのですが見つからなかったので9/11放映分を。




ふっくらしたゆなちゃんが可愛い。
指折って、数えて待ってるよ<世界選手権

li10-07.gif


話は変わりますが、私の別サイトでコメントをいただきました。

「キムヨナさんのファンと言う事ですが、真央さんは嫌いですか?最近、2人のファンサイトを見ているのですがコメントなんかも吐き気が出る程酷いものです。」

私は確かにキムヨナが大好きです。でも、誓って浅田選手を嫌ってはいません。キムヨナが好きだからといって浅田選手がどーたらこーたら言う気も、考える気も全くありません。浅田選手も頑張っている、浅田選手に限らず、どの選手にも、その姿に、その姿勢に敬意を払っています。

そして、キムヨナに関わる色々な報道についても、受け止めるとか、どう考えるとか、擁護するとか、そんな事も全く興味ありません。フィギュアに素人な自分でもただただキムヨナの演技が好きなだけ。彼女の性格、色々取り沙汰されてる報道もあるけれど、私は全く興味ありません。

ただヒトコト言わせてもらえば・・・

色々なサイトを見てはいます。浅田選手ファンサイトだったり、安藤美姫選手ファンサイトだったり。どちらのサイトも選手への思いが一杯詰まってて心温まるサイトも多い半面、やっぱりどうしても浅田選手のファンサイトは仕方のない事なのかもしれないし、別に個人サイトなんで言論の自由と言うものもあるし、と頭の中を整理しつつもどうしても許せない?言葉がありました。浅田選手のファンサイトから、文字として残すのも嫌なので伏せますが「○んで下さい。」とな。こんな言葉を使う人に応援される浅田選手も可哀想だな、とは思いましたが、そんなに憎しみを募らす必要ってどこにあるんでしょうか?

未だに「オリンピック疑惑」とかキムヨナを叩いてるサイトも数多く見受けられます。勝手に永遠と叩いてればいい。それで管理人さんが幸せになれるんだったらずっとやってりゃいい。私だってある方に大変失礼な事をしてしまった事もあるし、本当はこんな事大きな声で言えない事なんですけれど、だけど、こうして特定の選手のファンサイトなるもの、最低のマナーってあるのではないでしょうか?

気がちいさい管理人が故、今日はコメント受け付けておりません(笑)ご了承下さい。

キムヨナ ☆ The Lark Ascending Part 2

昨日のドキュメンタリーの2作目です。





こちらはお母様、そして、恩師であろう方々のインタビュー記事と、そして、ゆなちゃんがまだ小さかった頃の様子を組み込んでの構築となっています。

すべての選手のご家族、私みたいな一般人がほぼ一般的な育児とは大違いな(それでも大変ですけど)到底想像出来ない程のご苦労があっただろうと思います。

バンクーバーオリンピック前に

「お母さんにお家を買ってあげたい。」

遊びに来ていたスケートリンクでコーチのリュ・ジョンヒョン氏の目の止まり、そしてバンクーバーオリンピックで金メダリストになるまで、ゆなちゃんの後には「フィギュアママ」と呼ばれるお母様がいらした。送り迎えは勿論、練習をずっと見守り、ゆなちゃんが反抗期の時は「まるで戦争だった。」と回顧するお母様。上手くいかなければコーチとも対立する。その時、その時、自分の娘の為に選択しなくてはいけない時は周りに流されず確固たる信念に基づいて決めてきたお母様。色々言われてきたでしょう、離婚騒動も記憶に新しい。それでも自分の娘の為だけに、犠牲にした事もあったでしょうに、それでもその様な雑念に耳をかさずご自分のスタンスを崩す事なくゆなちゃんを支えてきたお母様には、本当に頭が下がる思いです。

そして、そんなお母様の思い、時には重く、重く感じた時もあったかもしれない。でも、そのお母様の、家族の、お国のため、そして、ファンの気持ちに応えようと、重くのしかかった期待に応えてくれたそんなゆなちゃんに

野球じゃないけど「アッパレ☆」をあげる

キムヨナ ☆ The Lark Ascending Part 1

管理人、韓国語が全くわからないのですが、どうもドキュメンタリーのようですね。





懐かしい映像が沢山!!!

紫のセーターも、ピンクのパーカーも懐かしい。
廊下でジャンプの練習している姿では、お母さんの真摯な眼差しにこっちまで緊張してしまったっけ。

ゆなちゃんファンのみんななら大好きな

20101113yuna1.jpg


このお写真もこうして撮影されたのね。

こうして古い動画を見ると、一番最初にゆなちゃんを見た時を懐かしく、そして、鮮烈に思い出します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。