Category *
Yuna (16)
Archive *
Yuna's Goods *
キム・ヨナ [DVD]




 border=









 border=









Yuna's Link *
Program *
* 世界選手権(2011) +- SP
+- FP * オリンピック(2010) +- SP
+- FP
* スケート・アメリカ(2009) +- SP
* ボンパール杯(2009) +- FP
* 2009 死の舞踏 +-- SP * 2009 シェヘラザード +- FP
Favourite *
+- Just Do it! -+
+- Who is Yuna Kim? -+
+- 2009 TEB INTERVIEW -+
+- Olympic Celemony -+
Thank you *
*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスクワ開催 ☆ 2011 世界選手権 男子SP

高橋選手

「今回はショートでは4回転は飛ばない。」と言っていましたが、その「攻め」の気持ちがなかったからでしょうか?幾分、勢いが感じられないショートの様な気がしました。

小塚選手

彼らしい繊細で切れのあるショートでした。上手く言えないけれど1つ1つのエレメントが冷たい空気を切り刻む、まるで鋭利なナイフみたいな感じ。他の選手にはない彼ならではの持ち味が十分活かされたんじゃないかな?と思いました。だから、尚更、残念でしたね、ジャンプ。

織田選手

若干、ジャンプの着地とステップに乱れがあったけど、それでも後半にコンビネーションを組んでくるなど、余裕を感じられました。解説の人が「勢いがなくなってきた。」なんて、そんな言葉発したから、その言葉にマインドコントロールされた私。1位には届かなかったけど、そんなの嘘だったのよね。SP2位、おめでとう

パトリック・チャン

彼の前評判は耳にしていました。でも、今まで彼の演技を見た事がなくて今回初めて。だからすっごい楽しみにしていました。数年前の四大陸で何回もジャンプで転倒してた彼はどこ行ったんでしょう?あんなに余裕で4回転を決めてしまうなんて。いともあっさりと決めた4回転コンビネーションの後は安定感に満ちた演技でジャズ「テイク・ファイブ」の曲に合わせての魅了させる演技はさすが☆20歳には思えませんね。

では、そのパトリック・チャンの素晴らしい演技をご覧ください☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。