Category *
Yuna (16)
Archive *
Yuna's Goods *
キム・ヨナ [DVD]




 border=









 border=









Yuna's Link *
Program *
* 世界選手権(2011) +- SP
+- FP * オリンピック(2010) +- SP
+- FP
* スケート・アメリカ(2009) +- SP
* ボンパール杯(2009) +- FP
* 2009 死の舞踏 +-- SP * 2009 シェヘラザード +- FP
Favourite *
+- Just Do it! -+
+- Who is Yuna Kim? -+
+- 2009 TEB INTERVIEW -+
+- Olympic Celemony -+
Thank you *
*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムヨナ ☆ コーチ決別 続報

20100825150445376f7_171204_0.jpg

キム・ヨナと五でコーチの間にいったい何事があったことであろうか。 フィギュア関係者たちはキム・ヨナの発言を根拠に"4年間訓練をしてきながら五でコーチとキム・ヨナ側間に知らず知らず色々な葛藤があれる。 特にフィギュア目標設定を置いて意見の相違があっただろう"と察する。

極端な例がオリンピック金メダル以後出てきた五でコーチの'トリプル アクセル'発言だ。 五でコーチはオリンピックが終わる頃国内記者らとの懇談会で"いつかキム・ヨナがトリプル アクセルに挑戦すれば良い"とした。 だが、キム・ヨナは数日後入国記者会見で"トリプル アクセル発言は初耳"としながら"試みるつもりがない"と一蹴した。 両側の疎通が円滑でなかったを見せる一例だ。

他のフィギュア専門家は"キム・ヨナの訓練方法を置いても五でコーチとお母さんパク・ミヒ氏間に摩擦があったという話を聞いた"と伝えた。 一言でキム・ヨナの目標設定・訓練地図方法を置いて古ぼけた葛藤があったし、これにキム・ヨナ側はオリンピック以後五でコーチと共にしない側に糸口をつかんだ可能性が大きい。 これを五でコーチが先に言論に公開しながら'君のせい攻防'が始まったという解釈が説得力を持っている。


ただ、キムヨナ側とオーサー側の発言がどうしてここまで食い違うのか?


ブライアン・オーサーコーチは最近キム・ヨナお母さんパク・ミヒ氏から突然の決別通知を受けたと明らかにした。

ブライアン・オーサーコーチは"パク代表が3週前韓国でアイスショーを終えた後決別を知らせた。 3週が過ぎた後決別事実を知らせたことはその間にどのような変化があるだろうか待ったため"と伝えた。

だが、キム・ヨナのマネージメント社の今年五スポーツは五でコーチが先に決別を通知したという立場だ。 今年五スポーツは"5月五でコーチが違う選手のコーチを引き受けるという話が聞こえて不快な関係を維持した"としながら"6月から事実上キム・ヨナ一人で訓練してきた"と伝えた。

これら両側の立場が互角に対抗するとすぐにキム・ヨナ選手はツイッターとミニホームページを通じて苦しい心境を吐露するに至った。

キム・ヨナは自身のツイッターを通じて"Would you please stop to tell a lie,B? I know exactly what's going on now and this is what I've DECIDED."(要請です。 嘘を止めて下さい。 B? 私は今どうなることなのか正確に知っていてこの決定は私がしたのです。)ラと書いた。

キム・ヨナ側とブライアン・オーサーコーチと真実攻防が言論に熱い関心事に浮び上がった後キム・ヨナが直接あげた文なので該当文章がオ・ソコーチにする警告性コメントである可能性が高いと分析される。韓国時間で午前5時30分頃上がってきたこのツイッターは現在の削除された状態だ。 キム・ヨナの削除されたツイッター文がインターネットユーザー間で広まるとすぐにインターネットユーザーらの疑問はより一層増幅されたし論議は加重された。

これにキム・ヨナはミニホームページを通じて正面突破に出た。

キム・ヨナは"こらえてこらえてこれ以上見守ってばかりいるにはとても苦しくてこのように文を載せます"として"私だけでなくブライアン・オーサーコーチを含んだこのことに関連したすべての人々が真実を知っています"と話し始めた。

引き続きキム・ヨナは"通知を受けてびっくりされましたって... 何月間曖昧な関係を維持してわずか何日か前、完全に状況が終了したがその過程を皆さんがご存知ならば突然記事でインタビュー内容に接した時私どもがどれくらいさらにあきれてびっくりしたかも理解できられるはずです"として"だが、その過程をお知らせしたくもなくお知らせする必要もありません。 あくまでも私たちだけの問題ですからね. 詳しく申し上げることができなくて苦しくてなぜこういう問題が起きたしなぜ解明をしなければならないのかこの状況があまり荷が重いです。 すでに大きくなるだけ大きくなったが偽りで包装された真実をこれ以上埋めてしまうことはできなくないですか..?"と反問して五でコーチに対して失望感を表わした。


ちょっとこの訳文は理解出来ない部分が多くて申し訳ないのですが、要は「自分が決めた事ではなく、母が決めた事。でも私はもう子どもではない。 とにかく私のコーチであったし、一緒にしようと、別れようと、それは私が最終決定すること、と母の言いなりになってるわけではない。4年間色々摩擦もあったが、すべてを話す必要はない」と、考えてみれば当たり前の事を当たり前に発言しています。そうなんですよね、別に「コーチの変更」は取り立てて騒ぐ事ではないと思います。ただ、その通達の時期のタイミングというのが悪かったのかな?と。後は思いこみの度合いの違いがあったのか、それによる感情の摩擦なのかもしれませんね。

一方五でコーチと決別したキム・ヨナは現在新しいプログラムの振付け師終えられる時までトロント クリケット クラブでずっと訓練をする予定であり今後訓練計画とコーチ招聘内容を今後検討することにした。

私としても、先日のブログにも書いた通り、オーサーコーチとの二人三脚で頑張る姿をずっと見ていたかったけれど、色々な諸事情、又は新天地を考える部分もあると思うし、だから、今回のゆなちゃん側の取ったやり方は別に全くおかしい事ではないと思います。

ただ、気になったのは

6月から事実上キム・ヨナ一人で訓練してきた

ですね。冗談ではありません。

何か、本当にスキャンダラスな報道になってしまっていますけれど、早く新コーチを決めて、ゆなちゃんにとって良い環境になるよう、前向きに事を進めてもらいたいな、と思っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。