Category *
Yuna (16)
Archive *
Yuna's Goods *
キム・ヨナ [DVD]




 border=









 border=









Yuna's Link *
Program *
* 世界選手権(2011) +- SP
+- FP * オリンピック(2010) +- SP
+- FP
* スケート・アメリカ(2009) +- SP
* ボンパール杯(2009) +- FP
* 2009 死の舞踏 +-- SP * 2009 シェヘラザード +- FP
Favourite *
+- Just Do it! -+
+- Who is Yuna Kim? -+
+- 2009 TEB INTERVIEW -+
+- Olympic Celemony -+
Thank you *
*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムヨナ ☆ エリック杯まで・・・

SBS News より

***

バンクーバー冬季オリンピック フィギュアスケートの審判配分が確定。
キム・ヨナ選手が出場する女子シングル ショートプログラムには我が国と日本,米国など9個国審判らが配分。 フリースケーティング審判陣はショートプログラムが終わった後に抽選を通じて最終決定される。

***

また、24日付けの記事ではキムヨナ選手の選曲について

***

近づくオリンピック シーズンにキム・ヨナが選択した音楽はショート プログラムでは'007メドレー'フリープログラムはガーシュウィン'のピアノ協奏曲'。 予想を破った破格的な選曲だ。 特に007は女子選手はあまり使われない音楽で新鮮な衝撃。

オリンピック シーズンは選手人生で最も重要なシーズンであろう。 それだけ選手たちは心血を注いでプログラムを作って最適の状態を作るために努力する。 当然選曲は不慣れではなくて多くの人の共感を勝ち取ることができる音楽を選択するはずだ。

カトリーナ・ビトのカルメン以後で数多くのフィギュアスケーティング選手たちがカルメンを使った程にフィギュア界にはしばしば使われる特定された曲らがある。 先立って言及したカルメンやラフマニノプのピアノ協奏曲,ロミオとジュリエット,セヘラジャデドゥンは毎年取り除かないで選択される曲らとしてなじむメロディという長所があるがそれだけ明らかだという印象も消すことはできない。

だがオリンピック シーズンにはポナギネも安定した選曲をするようになっていてそれでいわゆる'四骨曲'らは全部登場する傾向だ。 選手立場では当然の選択かもしれないが見る観客らは'またあの音楽なの?'という考えを消すことはできない。 それで少しは風変わりな選択をするように願うファンたちも多いだろう。

■ キム・ヨナでなければできない選曲

それで今回のキム・ヨナの選択は非常に異例的だと見ることができる。 フィギュアスケーティング ファンたちは風変わりな姿のキム・ヨナを見られて良いことだが選手立場では挑戦だと見ることもできる選曲であるためだ。

フィギュアは非常に保守的なスポーツなので女性選手には優雅さとクラシックある美しさが取りそろうことを願う。 こういう審判らの好みを分かるから選手たちは新しい挑戦をすることを敬遠してして結局には同じパターンのプログラムにつながることになる。

キム・ヨナが使ってきた音楽はフィギュアスケーティングでたくさん使われる曲らではなかった。 ヒバリの非常もミスサイゴンもほとんどなじみがうすい曲らだったが見る間退屈でない程人々引き込む部分があった。 なじみがうすい音楽も自身のことで作って観客と共感できる能力があってキム・ヨナの優秀性はまさにこのような点だと考える。

それで次のシーズンの新しいプログラムらがより一層期待される。 普通007といえば優雅なこともなくてとても軽いことではないかという感じがあるが彼女にはウィルソンという振付け師やオーサーという相性の良いコーチも共にいる。 何より音楽を表現してからだを使うことができるキム・ヨナならば明確に彼女だけの優雅なことでプログラムを引っ張っていくことができるだろうと考えられる。

フリープログラムの曲も侮れない曲だ。 ピアノ協奏曲ではあるがジャズ的な感じが共に混ざっていてまともになったリズム感を表現して出すことができないならば選択できない曲だ。

表現力は表情だけで出てくるのではない。 全身を利用して動いてこそ観客に話を伝達することができる。 そうするためには音楽を解釈できる能力がなければならない。 キム・ヨナは基本的にリズム感を持って生まれたし雰囲気を圧倒できるカリスマも持っている。

さらには今回のフリープログラムでは自身が歩いてきた道を話するという。 他の人物を表現するのではないキム・ヨナ自身の話をすることだ。 何の束縛を受けないで自由に表現できる幅が干すということオ負けたのでキム・ヨナの表現力は一層さらに成熟されたと考えられる。

今キム・ヨナはオリンピック準備が楽しいという。 オリンピックという最も大きい大会を準備する選手だと信じられない程強心臓だ。 こういう精神力と挑戦精神があるので(に)既存の枠組みを脱皮した新しいプログラムが誕生することができたし新しい道を開拓できる基盤を用意することができた。

そのためにキム・ヨナはいつも注目される選手で期待される選手でなければならない。

***

200358816.jpg

若干、読むのに問題ない程度の省略 及び 修正をさせていただきました。

それにしても、確かに今回の選曲はびっくりでしたよね。そして、それだけ期待感もより一層募ります。

ヨナ陣営は、本当に「注目させる」演出がすごい!と思う。
エンターテイメント性が大有りで、今までのフィギュアの世界を払拭させるような選曲に、これから続くフィギュア界に何かしら功績をのこしているのではないかなぁ、などと思ってみたりしました。

そして、一番気になるのは

今回のフリープログラムでは自身が歩いてきた道を話す

今までの自分史を演技すると言う事でしょうか?

もしかして、本当に、最後になってしまうのかもしれませんね。
フリープログラムは彼女にとって、最後の、自分自身の集大成にするつもりなのでしょうね。

エリック杯まで14日。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。