Category *
Yuna (16)
Archive *
Yuna's Goods *
キム・ヨナ [DVD]




 border=









 border=









Yuna's Link *
Program *
* 世界選手権(2011) +- SP
+- FP * オリンピック(2010) +- SP
+- FP
* スケート・アメリカ(2009) +- SP
* ボンパール杯(2009) +- FP
* 2009 死の舞踏 +-- SP * 2009 シェヘラザード +- FP
Favourite *
+- Just Do it! -+
+- Who is Yuna Kim? -+
+- 2009 TEB INTERVIEW -+
+- Olympic Celemony -+
Thank you *
*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムヨナ ☆ GP エリック杯まで・・・

08121304.jpg

GPFでの名場面の1枚ですね。
あの時は衝撃が大きすぎて表彰式を見ませんでしたので、このショットは写真でしか知りません。まともにこの写真を見れるようになったのもつい最近の事。

どちらから手を差し伸べたのか、どんな会話があったのか、わかりません。抱擁した2人、胸の中、色々な思いが去来したことでしょう。ただ、キムヨナ選手としてはお互いの健闘を分かち合った、だけではなかったような気がします。

辛い時って相手の言動が時には「同情」にも「棘」にも「槍」にもなりえる、って事、ありませんか?
例え、どんな慈愛に満ちた抱擁でも、どんな優しさに満ち溢れた言葉、だとしても。

前にも書きましたが、ゆなちゃんの気持ちも、真央ちゃんの気持ちもわかりません、本当に自分の勝手な解釈です。ただ、人間って多々そういう時もあるのではないかな、とも思うんです。

本当だったら、お互いのランクの台にあがり、色々な思いを胸に秘め、淡々と厳かに式が進められて行くはずだと思うんです。この抱擁はアドリブでしょう、サプライズでしたよね。それだけ2人の立場、常にライバル化されている状態が真央ちゃんとゆなちゃんの気持ちに重く圧し掛かっているのが顕著に表れてしまったかな、とも思うんです。だから思わずこのような素敵に見えたハプニング。

でも、もしかして、ゆなちゃんの気持ちとしては「ほっぽっといて!」だったのではないかなぁって。
真央ちゃんも必要以上に気を使っちゃったのかなぁって。

こんなブログ書くなんて、管理人さん、時期が悪いよって思われるかもしれませんよね。

エリック杯まで17日。第一戦で真央ちゃんと対戦です。

いつか、何年か経って、2人がずっと大人になって、落ち着いて回想出来るようになった時、
「こういう事もあったよね。あの頃はやだったよね。でも、私たち、頑張ったよね!」
なんてね、言い合えるような2人になってもらいたいな、と思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。