Category *
Yuna (16)
Archive *
Yuna's Goods *
キム・ヨナ [DVD]




 border=









 border=









Yuna's Link *
Program *
* 世界選手権(2011) +- SP
+- FP * オリンピック(2010) +- SP
+- FP
* スケート・アメリカ(2009) +- SP
* ボンパール杯(2009) +- FP
* 2009 死の舞踏 +-- SP * 2009 シェヘラザード +- FP
Favourite *
+- Just Do it! -+
+- Who is Yuna Kim? -+
+- 2009 TEB INTERVIEW -+
+- Olympic Celemony -+
Thank you *
*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムヨナについて最近思う事 徒然

今日は姫に関して、フィギュアど素人の私が今まで感じた事、そして、今感じてる事をまったりと書いてみようかな、と思います。

時々(毎日?)お邪魔するとあるサイトのコメントに、ファンの方申し訳ありません、とのお言葉と一緒に「高い技術に感心できても、個人的には箸にも棒にもかからない演技をする選手」とあり、姫の悪口には慣れっこになったとはいえ良識的な範囲で「なにぃ?」とぶーたれたわけなのですけれど、思い出してみるとその方が云わんとする事が何となくわかるような気がするんです。そして、「この前の世界選手権で一つの殻を破った」と言う言葉にはすごく同感しました。

フィギュアど素人の自分ですから、ルッツもエッジもなんのことやら(如何せん息子がサッカーを12年やっていてもオフサイドもわからない私なんで・・)演技が、技術が素晴らしいからキムヨナのファンになったわけでもなく、ただただ、優雅で、綺麗で、そこから入った姫ファン、それでもその人の言う「箸にも棒にもかからない」 今までの姫の演技、演技力はあっても感情が感じられなかった(その人が仰りたい事とは違うと思いますが、自分的観点で言えば)ように思います。

以前、何かのサイトで自分の子供にフィギュアをさせるか?と言う、これ又可愛らしい(笑)質問に
「自分の子供にはさせない。とても辛かったから」と言うような内容の返事を姫はしていたと思いますが、それが四大陸の後だったのか、選手権の後だったか記憶が混沌としているのですが。でも、あくまでも憶測の憶測ですが、姫は競技としてのフィギュアが好きではなかったのではないでしょうか?小さい頃に遊びに行ったスケートで素質を見出され「なんとなく」いや、そんなもんじゃない「否応なく」スケートをやらされ、大好きな甘いものを制限され、スパルタママに耐え、遊びもなく、好きなら耐えられる、でも、姫の場合は「義務」でやっていたフィギュアだったのではないかな?なんて思うのですよ。実力があったって「嫌でやって」いたとしたら持っている実力の半分も発揮出来ないでしょうし、そして腰痛、それに浅田選手の存在。すごく姫にとってみればメンタルな部分で色々な足かせが大きかったのではないかな?と。

前、新聞の記事を紹介させていただきましたが、その中で「カナダでの指導が内気な私から恥じらいを除いてくれた」と言っていましたが、きっとその時に「恥じらい」だけでなく「足かせ」もすべて、今まで姫の中でモヤモヤとしていたすべての物を取り除いてしまったのではないかなぁ、なんて思ったりします。(姫が内気だったって今知ったよ 笑)

私が思う、姫が「選手権で破った殻」って、それは「自分」だったのではないかしらん?と。

色々叩かれた選手権での得点。
時々、今までのグランプリシリーズ、ファイナル、四大陸、選手権と何度か見直しているんですけれど回を重ねるにあたって、ジャッジを知らない私にだって「力強さ」「迫力」「スピード」がどんどんパワーアップしてきてるのが手に取るようにわかる。

今なら言える!!やっぱり、どう見ても姫、あなたが正々堂々の1位だったんだよ、絶対

そして、「自分の殻」を打ち破った人程、強い人はいないと思う。

そして、やっぱり姫の子供にはスケートさせるべきだよ私も老後の楽しみが1つ増えるし(笑)

だって、姫が引退したら、私はもう、フィギュア 見なくなっちゃうんじゃないかな?そう簡単にファンの鞍替え、私には出来ないですもん。

恥じらいも、自分も、感情もすべて破棄して、貪欲に、残り半年、頑張っていこうよ。

きっと、今姫に必要なのは 彼氏でもないし、甘い物でもないはず、やっぱりメダル、それも金だよね。その方のコメントにもあったけれど、クワン後継者じゃなくって、自分の力でクワン以上の地位を築いてもらいたい、と思う。キムヨナのライバルは浅田選手ではないでしょう、それは真央ちゃんも同じ事、2人はライバル、だなんてそんなのは日本と韓国のマスコミがおもしろおかしく騒いでるだけ。ポジティブに、前どころか上を見て、クワンよりも先を見て、ライバルは自分、自分自身に打ち勝って

テーマ:フィギュア
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。