Category *
Yuna (16)
Archive *
Yuna's Goods *
キム・ヨナ [DVD]




 border=









 border=









Yuna's Link *
Program *
* 世界選手権(2011) +- SP
+- FP * オリンピック(2010) +- SP
+- FP
* スケート・アメリカ(2009) +- SP
* ボンパール杯(2009) +- FP
* 2009 死の舞踏 +-- SP * 2009 シェヘラザード +- FP
Favourite *
+- Just Do it! -+
+- Who is Yuna Kim? -+
+- 2009 TEB INTERVIEW -+
+- Olympic Celemony -+
Thank you *
*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本選手権女子SP をちょっぴり&不必要な自分のキモチ

今日は自己採点ではなくって。

浅田選手、おめでとうございます。解説の人が
「今期初めて転倒しませんでした。」と言うコトバが物悲しかったけれど、着氷に少しぐらつきはあったけど、一歩前進出来て良かったですね。でも、何となく、精彩にかけてるような、上手く言えないけど、何か物足りなく感じたりも・・・。

だけどなー、衣装が、うーん、どうして、かなー?どうしてああなっちゃうのかな?なんて(笑)まぁ、衣装なんて2の次ですしね、でも、楽しみな部分もあるんですしね。でも、黒×赤は浅田選手の顔をくすませてるような感じするのは私だけですかね?色負けしちゃってるような感じが否めません。色合いは大人なのに、デザインが幼すぎてそのアンバランスさも危うい。そこが魅力となる女性もいるけど健全というイメージの浅田選手にはちょっと・・。私的には2年前のSPの「月の光」の時の薄紫の衣装が良かったな。

後昔見たミッシェルクワンさんの、何の時だったか全然覚えてないんですけど薄い青の、それこそ何の飾りもない衣装だったんだけど(笑)すっごく印象に残ってます。

後はゆなちゃん。あげひばり。これ以上、何も省くものがないと言う位、徹底したシンプルさ。

まっ、これって個人の好みになってしまうんでね~。ただ、日本人の選手って余りにも装飾過多のような。

村上選手も、誰があの衣装をデザインしたの?みたいな。幼稚園児の水着にだってないでしょ?みたいな(笑)曲のイメージと言う部分でも疑問だったり。でも、キュートな若さで○って言う事にしておきましょう、自分的に(笑)

安藤選手の、衣装は素敵でした♪色も白ではなかったのね、薄い薄いピーチピンクで、レースがホントに綺麗でした。でも、コーチとバックを歩いてる映像を見て一瞬「教会?」なーんてね勘違いしてしまいました。

演技も、何かすごぃすごぃ前、あんなに苦労していた時が本当にあったのか、どうか、そんな時期を忘れさせてくれるような落ち着いた安定していて、なんか、内心は緊張してるとは思うんですけど、存在自体が女王然としている、その雰囲気に私は圧倒されました。

そして、今回の全日本で一番盛り上がったのが庄司理紗選手。演技終了後、椅子から立ち上がって一人でスタンディングオベーションしてしまいました(笑)14才?14歳には到底思えなかった ゆなちゃんのいない女子フィギュア、久しぶりの興奮度♪何となくゆなちゃんを彷彿させるような・・私だけかな??衣装もすんばらしく(笑)ステキ☆



村上選手は浅田選手の、浅田選手は伊藤選手の流れを汲んでる。あの軽やかさといい、華やかさといい、勿論技術面でも。でも、でも、どうしても、何故かこの流れに魅力を感じる事は出来なくって。庄司選手の演技を見て、他の選手とどう違うのか自分でもわからないんだけど、それでも胸ときめく新星の登場にワクワクしている自分です。

小塚選手、おめでとうございます♪

そして、残す所今日の女子FP、そして、やっと、やっと、やっと!世界選手権!!次にフィギュアを見る時には必ずゆなちゃんがいる!嬉しいなぁ、ドキドキするな♪もう少しですね。

で、どうでした?チケット(笑)
スポンサーサイト

全日本我流勝手に自己採点

ゆなちゃんのいないフィギュアが始まって、で、浅田選手のいないファイナルが終わって「なんだかなー、やっぱり、何か物足りないんだよな~。」と思いつつも、村上選手がすっぽんすっぽんジャンプをあんなに綺麗に決められちゃうと来年の世界選手権「ゆなっち、大丈夫かしらん?」と不安になったり、まぁ、胸中複雑な訳です。

今まで我が家は、と言うかそういう方が多いかと思うのですが、女子しか見ていなかったのね。私は勿論、キムヨナ、それにレイチェルにシズニーをこっそり応援してたり(笑)何か日本ってバレーにしてもやたら女子ばっかりクローズアップしてるよね。でも女子の方が強いんだから仕方ないのかな?と思いつつも、

男子だって頑張っているんだぞーっ!!

と、最近、男子フィギュアも俄然(今頃・・)面白くなってきた♪

で、まぁ、チラホラと見かける相変わらずの不透明な採点についての小さなどよめき。

日本の恥にならないように、とは高橋選手。「日本の恥」・・・なんだかなぁ、私的訳わからんし。で、コメントには「自国の選手なんだから応援してあげましょう。」って、あなた、、、かなり混乱したし。

転倒しても金メダルチャン、とはパトリック。そんな事言ったら今回のショートだって2度転倒した織田君の方がミスはあったものの転倒しなかった高橋選手より上じゃないさ。。

「スケートは政治だ。」某選手の言葉は記憶に新しい。この言葉には随分と賛成意見が多かったけど、こんな事、表彰台外したキムヨナが言ったらどうよ。

誰だって「お気に入りの選手」に勝ってもらいたいと思う。でもね、そこまで審判の下した結果に疑問をつけて文句言って、自分の嫌いなライバル選手に尤もな意見を並べ立てて文句をつけて、なんでそこまでして見てるのかな?って疑問。

審判の感情なのか、政治なのか、そんなのわからないし、わかる必要もないと思うし。ただ、どの選手も同レベルの中で頑張ってるんだと思う。だって今回の全日本の織田選手だって2度転倒しても素晴らしい演技だったと思うし高橋選手だって甲乙つけがたい演技だったと思うし。・・・フィギュアを面白く見るのも、怒りながら見るのも個人の自由だし。考えようによっては審判に文句つけて、ブログで攻撃的すぎなくらいに毒を吐いて、特定の選手をこきおろして「フィギュアはもう終わった。」と言ってる人達、なんだかんだ、その状況に酔って楽しんでいるのかもしれないね。きっとそういう人たちは優等生な意見を並べ立て認めないだろうけど。きっとマゾに違いない(笑)

「どうしちゃったの?」と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、至って管理人、平静です。色々な悪意に満ち溢れた言葉で動揺していた時期も過ぎ去り、怒りに満ち溢れた(笑)時期も終わり、すでに悟りの境地に突入したかなって(汗)だからね、もうそろそろ、綺麗事だけじゃなくって色々言ってもいいのかな?って。あっ、勿論、攻撃的に、ではないですよ。私はマゾでもサドでもありゃしません。

そんなわけで今日は、そんな不透明な採点を唾棄すべく(汗)ど素人の自分が今回の全日本、小数点切り捨てで採点してみました♪いやね、こんな事やってたら「審判に物言う」人になってしまうかも?(笑)

息子と「がーがー」言いながらやってみました。あの短時間で大変ですよ。審判の方々のご苦労が手に取るようにわかります。かっこ内が正式な得点です。

羽生君

技術点 40点台 (42.24)
構成点 30点台 (36.70)



「すっ、すっごぃ!!お母さん。ほぼ当ってる!」と感動してたら「そんな付け方じゃ当然じゃん。」と息子にアホにされました。でも1つ1つとても丁寧で良かったですよね~♪満遍なく、ジャンプもきちんとこなして、一貫して丁寧に彩られた演技だったと思います。衣装も所々に「白(黒)鳥」をイメージした感じでとても綺麗でした。ただ、うーん、曲のイメージに何か物足りなかったような感じもしました。

高橋の大ちゃん

技術点 37 (33.88)
構成点 42 (40.90)



もっと自分、技術的な所をもっと勉強しなくてはいけませんね。ジャンプでのミスは痛かったけど、でも、うんうん、大ちゃんは大ちゃん、なのよ。リンクに上がった瞬間のあのオーラ。どんな失敗があってもいっつもおでこパチンで笑っていてもらいたいな。やっぱり、あのダイナミックな演技は大ちゃんならでは、ですよね♪

小塚くん

技術点 42 (47.06)
構成点 39 (40.80)



あれれ、少し辛口になってしまった?そんなつもりは全くなかったんだけど。いや~、男子の中で一番好きなのが小塚くんなの。彼のスケーティングを一文字で表すとするならば「鋭」だと思うんだけどなぁ。リンク上の冷気が肌に突き刺さってくる感じ。TVで「高橋と織田に小塚がどれだけ食い込んでくるか。」だなんて失礼そのもの。

織田君

技術点 37 (40.78)
構成点 40 (38.70)



一番難しかったの(笑)2度転倒した事がどう得点に絡んでくるのか、うーん、難しかった。でも、男子SPの中では一番好きなプログラムかなぁ。曲も素敵ですよね。でも、うーん、審判の出した得点と私の出した得点、全く逆と言う所が納得いかないし(笑)構成点の方が上なんじゃないの?と早速始まったし。

無良君

技術点 35 (38.88)
構成点 32 (33.45)



ハンサムですしね、っていきなり関係ないですね。前半、ジャンプのミスがあったけど、それでも後半はそれを忘れるくらいの演技だったと思いました。タイプ的には高橋の大ちゃんかなぁ、なんてこれは管理人の独り言。なんか彼って、今はやりの言葉じゃないけど「何かを持ってる」選手なんじゃないかな?って思うんだけどな~。別に斉藤君ばかりあんなね、持ち上げてね、馬鹿みたいね(とは全然関係ないボヤキです)他の選手と比べても若干構成点が低いのが気になる・・

長々と読んでいただいてありがとうございました。今日は女子SPですね!!スコアボード片手に今日も独自の採点を・・・と言う前に、みんな、頑張ってもらいたいな、って祈ってます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。