Category *
Yuna (16)
Archive *
Yuna's Goods *
キム・ヨナ [DVD]




 border=









 border=









Yuna's Link *
Program *
* 世界選手権(2011) +- SP
+- FP * オリンピック(2010) +- SP
+- FP
* スケート・アメリカ(2009) +- SP
* ボンパール杯(2009) +- FP
* 2009 死の舞踏 +-- SP * 2009 シェヘラザード +- FP
Favourite *
+- Just Do it! -+
+- Who is Yuna Kim? -+
+- 2009 TEB INTERVIEW -+
+- Olympic Celemony -+
Thank you *
*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHEHERAZADE * FAIRY ON THE ICE

キム・ヨナ~銀盤の妖精キム・ヨナ~銀盤の妖精
(2009/03/11)
オムニバス(クラシック)

商品詳細を見る


SHEHERAZADE *RIMSKY KORSAKOV

妻の裏切りの為、女性不信となり国の若い女性と一夜を過ごしては殺していたシャフリヤール王。彼のその暴虐を止めよう、と大臣の娘シャハラザード(シェヘラザード)が彼のもとに嫁ぎ、彼に毎夜1つずつお話を聞かせて王の気持ちを紛わした、日本ではアラビアン・ナイトとして有名なお話ですね。

そのお話をロシアの作曲家、ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ(1844~1908)が1888年に発表た交響組曲です。《海とシンドバッドの船》《カレンダー王の物語》《若い王子と王女》《バグダッドの祭り。海。船は青銅の騎士のある岩で難破。終曲》というネーミングの4つの楽章からなっています。

静かなバイオリンの音色から始まります。
どんな話が始まるのか、期待と不安の要素たっぷりな雰囲気が感じられるよう。
そんな静かな音色が続きますが、いつの間にかテンポが速くなって、急流に飲み込まれるような荒々しさ、そして又、トーンダウンと、バイオリンと数々の木管楽器や打楽器が組み合わさって、どこかで、きっとディズニーに違いない(笑)聞いた事があるようなメロディに乗って、静謐さと荒々しさ、2つの間を行ったり来たりしながら、ダイナミックに終焉を告げます。

SPの「死の舞踏」より、ど素人の考えですが、かなり難しく思えたりします。
でも、この曲は安藤選手や伊藤選手、ミッシェルクワン選手と名高い方々が選曲されているだけあって、yuna姫もいつかは絶対ステップを踏みたい曲だったんだろなぁ、と思います。
ましてや、ミッシェルクワン選手も使われた曲で、クワン選手が見ている中で演技して、そして優勝。今季は色々な意味で風どころか、いい意味で暴風が吹いたんだね♪

しつこいと思うけれど、しつこいと思われるでしょうけれど(笑)本当に本当に

オメデトウ!!Congratulations!!

100000.jpg
スポンサーサイト

テーマ:フィギュア
ジャンル:趣味・実用

DANSE MACABRE * FAIRY ON THE ICE

キム・ヨナ~銀盤の妖精キム・ヨナ~銀盤の妖精
(2009/03/11)
オムニバス(クラシック)

商品詳細を見る


シーズンも終わって、春うらら、静かな余韻にひたりながら、yunaちゃんのFAIRY ON THE ICEをじっくりと聴いていこうかな、と思います。最初は・・・

DANSE MACABRE *SAINT SAINS

はぁ、また、あのSPの映像がフラッシュバック(笑)

フランス・ロマン派音楽作曲家の中でも1,2を争う「巨匠」、そして
近代フランス音楽の「父」として賞賛されるカミーユ・サン=サーンスが
フランスの詩人アンリ・カザリスの詩「死の舞踏」を元に、1873年に歌曲として、
1874年に歌曲であった「死の舞踏」を、管弦楽用の声楽なしの交響詩として
発表されたそうです。

ジグ、ジグ、ジグ 墓石の上
かかとでリズムを刻みながら
真夜中に死神が爪弾くは踊りの旋律
ジグ、ジグ、ジグ とヴィオロンで
・・・

青白い骸骨どもが闇を縫って軽やかに飛ぶ
死装束を着て、跳ね、走り回る

ジグ、ジグ、ジグ
皆それぞれにジグ(3拍子の古典舞曲の一つ)を踊る
踊る骸骨のかちゃかちゃ触れ合う音が聞こえる
・・・

おっと! 突如奴らは踊りを止める
押しあいへしあい逃げていく
夜明けを告げる雄鶏(おんどり)が鳴いたのだ
ああ、この哀れな世にして何と麗しき夜
死と平等に祝福あれ!


この詩の要素である「バイオリンで舞曲を弾く死神」と「骨を鳴らして踊る骸骨」を
音楽で伝えるため、2つの楽器が活躍しています。

勿論、1つめはバイオリンですね。
死神の弾くバイオリンの音に合わせて骸骨が踊る設定でありますので、当然踊っている間中、死神はバイオリンを弾いているためかなり、独奏バイオリンが活躍します。

そして「骨を鳴らして踊る骸骨」を表す楽器・・なんだと思われますか?

ほほー、木琴だそうです。
西洋管弦楽作品で初めて「楽器」として、重要な位置付けで用いた初めての作品で、詩にある「骨の当たる」音をリアルにユーモラスに表現するために、木琴を用いたと考えられているそうですよ。

そして、忘れもしません(笑)yunaちゃんが辺りを見回す素振りで始まったあのハーブは
死神が登場する「魔の時刻」-夜の12時(0時)の到来を表現しているんだそう。
あの、物静かなハーブの音から、ドラマが始まったのですね。
小悪魔的要素たっぷりに演じたyunaちゃん、彼女あってはの死の舞踏 でした☆

テーマ:フィギュア
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。